会社概要 Company Profile

会社概要

社名 日通・NPロジスティクス株式会社
(英文:Nittsu NP Logistics Co., Ltd.)
所在地
代表者 代表取締役会長 合屋 隆司
代表取締役社長 曽我部 敏雄
創業 1977年5月
資本金 18億円
株主 日本通運株式会社
パナソニック株式会社
売上高 678億円(2020年度)
従業員数 800名(2021年3月31日現在)
営業種目
  • ロジスティクスサービス
    • 保管
    • 荷役
    • 梱包
    • 流通加工
    • 輸配送
    • 受注
    • 品質管理
    • 輸出入関連業務
    • 情報分析・提供
    • 在庫マネジメント
  • 倉庫業
  • 貨物利用運送事業
  • IATA貨物代理店
  • 運搬機器の整備並びに修理
  • ロジスティクスコンサルタント
  • 其の他、上記各項に附帯する業務

~ 松下幸之助から従業員へ宛てたメッセージ ~『 創業の想い 』

当時、「松下物流倉庫株式会社」発足に際し、創業者の松下幸之助氏より
従業員に向けて贈られたメッセージをご紹介いたします。

  •  今回、松下物流倉庫株式会社が設立されました。
     当会社設立の目的は、一般の倉庫業務とあわせて、物流すなわち商品の保管から輸送管理までの広範囲にわたった物流業務を社会のために、大いに合理的にやろうということであります。
     しかしながら、発足当初は何と申しましても範囲が広いだけに、まだまだこのような目的に沿った仕事をできるだけの内容が伴っておりませんし、また世間にも多くを知られておりませんから、当面は松下電器及びその関連グループ各社の物流業務を担うため、松下興産と松下電器との共同出資により設立された会社であります。
  • 昭和30年 松下興産倉庫部としてスタート
    写真は、当時の1号倉庫

 従いまして、新会社の第一の使命とするところは、広く社会の物流を担うことですが、当面は松下電器及びその関連グループ各社の物流業務を中心としてやっていくということであります。物流というのは、松下電器にとりましても重要な仕事でありますから、新会社が松下電器及びその関連グループ各社より信頼され、そして安心され、その仕事を完全に遂行できるという前提のもとに松下電器は投資もし、経営の一角にも参画したわけであります。ですから皆さんはまず、松下電器及びその関連グループ各社の期待に添うということを前提として仕事に取り組んでいただくようお願いします。

  • 昭和41年 松下倉庫設立当時の本社営業所周辺の航空写真
    (現在の大阪城周辺の一画)

  •  そして新会社の業容も整備・発展するにしたがい、松下グループの物流だけではなく、即社会に進出し、社会各方面の皆さんが “より満足のいく物流倉庫たらしめる” ということが本来の狙いですから、皆さんは会社設立の趣旨を充分考えられ、最初から誠心誠意、良きしつけの基に最大の努力を払い「世間の皆様より信頼される会社である」という評価をいただけるような会社に築き上げなならんかと、このように思うのであります。
     従いまして、新社長を中心として、皆さんはその使命の社会性、重要性というものを十分考えて「誓ってやる」という決意の下に営業を開始されますことを私は皆さんに心よりお願いを申し上げる次第であります。

 物流という仕事は非常に重要であり、例えば物価の騰貴等についても影響を与えている仕事ですから、この新会社が総合的且つ順調に寄与していくということは、社会の範となって物価の騰貴抑止の役割を果たせる重要な仕事ですので、そういった重要性を考え、初期の目的を達成するように活動されることを心から皆さんにお願いする次第であります。
 そうすれば、きっとこの会社の仕事は将来性ある仕事であり、また時代性もありますから、思いのほか急速に発展していくという感じを持っておるわけであります。
 従って皆さんは、その使命達成を決意されまして、ご奮闘くださいますことをこの機会にお願いします。

沿革

私たち日通・NPロジスティクスは、1955年(昭和30年)に松下興産株式会社倉庫部として大阪城周辺に当たる 『旧大阪砲兵工廠跡』 に倉庫を構えたところから始まり、松下電器グループ総合物流会社とした1977年(昭和52年)『松下物流倉庫株式会社』の発足を ”創業” と位置付けています。

1966年(昭和41年) 松下興産株式会社から分離独立、松下倉庫株式会社として発足
  • 資本金1億5千万円
  • 本社を大阪市東区弁天町(現在の中央区城見2丁目)に置く
  • 所管面積69,000m2(21,000坪)
  • 4営業所体制(大阪・東京・横浜・札幌)
1973年(昭和48年)11月 資本金2億円に増資
1976年(昭和51年)04月 資本金3億円に増資
1977年(昭和52年)05月 松下電器産業株式会社 松下幸之助相談役より
新たな使命を受け、松下電器グループ総合物流会社として松下物流倉庫株式会社を新発足
(株式会社ナショナル商品センターと合併)
  • 資本金4億円に増資
  • 所管面積226,000m2(69,000坪)
  • 16営業所体制
  • 本社事務所を守口MIDビルに移転
1980年(昭和55年)03月 資本金6億円に増資
1981年(昭和56年)03月 資本金9億円に増資
関係会社 パナ物流サービス株式会社設立
1986年(昭和61年)03月 本社事務所「大阪ビジネスパーク(OBP)」に移転
1988年(昭和63年)04月 パナ物流サービスシンガポール株式会社(PLS)設立
1988年(昭和63年)07月 IATA貨物代理店認可
1990年(平成02年)01月 松下物流株式会社として新発足
(パナ物流サービス株式会社と合併)
1991年(平成03年)04月 MTM東西物流二拠点体制スタート
1995年(平成07年)01月 関係会社エム・エル・サービス(株)設立
1995年(平成07年)10月 M.Iロジスティクス(MIL)設立(合弁)
1996年(平成08年)10月 資本金18億円に増資
1997年(平成09年)11月 地区松下LM株式会社設立(8社)
2000年(平成12年)06月 ISO9001認証取得
2000年(平成12年)07月 ISO14001認証取得
2000年(平成12年)09月 松下電器100%子会社となる
2000年(平成12年)10月 量販物流センタースタート
2001年(平成13年)10月 松下ロジスティクス株式会社として新発足
(地区松下LM8社と合併)
2002年(平成14年)03月 本社事務所を大阪府摂津市に移転
2003年(平成15年)01月 モーダルシフト取組み
自社専用コンテナ運行スタート
2004年(平成16年)02月 配送車両に低公害車(ハイブリッドトラック)導入開始
2004年(平成16年)08月 WMS(庫内管理システム)導入開始
2008年(平成20年)10月 パナソニック ロジスティクス株式会社に社名を変更
関係会社 パナソニック ロジスティクスサービスジャパン株式会社に社名変更
(旧エム・エル・サービス(株))
2009年(平成21年)04月 関係会社 パナソニック ロジスティクスサービスジャパン株式会社と合併
2009年(平成21年)12月 グリーン物流優良事業者表彰
国土交通大臣表彰 受賞
2010年(平成22年)06月 特定保税承認者の承認取得
2010年(平成22年)12月 グリーン物流優良事業者表彰
経済産業省商務流通審議官表彰 受賞
2011年(平成23年)03月 世界最高水準次世代大型低公害車
大型CNGトラックを導入
2011年(平成23年)05月 東西2拠点体制スタート
  • 東日本グローバル物流センター開設
  • 西日本グローバル物流センター開設
2011年(平成23年)07月 ISO27001認証取得完了
2011年(平成23年)08月 第二種貨物利用運送事業(航空二種利用)許可を取得
2011年(平成23年)09月 医療機器製造業許可書(保管等製造業)を取得
2011年(平成23年)12月 グリーン物流優良事業者表彰
経済産業大臣表彰 受賞
2012年(平成24年)01月 環境対策に係る模範的取組み表彰
環境大臣表彰 受賞
2014年(平成26年)01月 パナソニック株式会社が日本通運株式会社へ株式の一部を譲渡
社名を「日通・パナソニックロジスティクス株式会社」に変更
2017年(平成29年)02月 「えるぼし認定」の三つ星を取得
2020年(令和02年)01月 社名を「日通・NPロジスティクス株式会社」に変更

日通・NPロジスティクスを知る