エレクトロニクス物流のイノベーションを創造し社会の発展と人々の幸せに貢献する

企業情報環境保全への取り組み

当社は、ISO14001:1996を2000年7月に認証取得、ISO9001:1994を2000年6月に取得。2011年度に環境と品質の方針を統合しました。積極的にグリーンロジスティクスを推進し、品質向上につとめています。

環境・品質統合方針

日通・パナソニック ロジスティクス株式会社 環境・品質統合方針

日通・パナソニック ロジスティクス株式会社は、企業の社会的責任を自覚し、「社会のルールと地球環境」を守るとともに、安心・安全で感動を生む「高品質な物流サービス」を創り、お客様のパートナーとして、信頼される会社を目指します。
その実現に向け、お客様へのサービスを磨き、グローバルなエレクトロニクス物流のイノベーションを創造し続けるため、社員全員がたゆまぬ研鑽と自らの変革を実践します。

<日通・パナソニック ロジスティクス株式会社の重点活動>

  • 事業活動における「環境保全」及び「経営品質向上」の取り組みを通じた「顧客満足度向上」のため、環境・品質統合マネジメントシステムを構築し、維持するとともに、継続的な改善を図ります。
  • 環境・品質に関する法令・規制要求事項及び当社の同意するその他の要求事項を順守します。
  • 以下の項目を当社の重点取り組みとします。
    • 環境にやさしいグリーンロジスティクスの実践

      • 省エネ・省資源、エコドライブ、グリーン調達の推進
      • お客様と一体となったモーダルシフト/輸送重量原単位(CO2)削減の推進
      • 3Rの推進(リデュース・リユース・リサイクル)、廃棄物の適正処理
    • お客様/社会から真に評価いただける経営品質向上推進

      • 「基本の徹底」と「内外コミュニケーションの充実」による継続した顧客満足向上への取り組み
    • 環境社会貢献活動の推進

      • 環境保全活動で地域社会へ貢献
  • この統合方針をたっせいするために、目的及び目標を設定し、計画的に推進するとともに、定期的見直しを行います。
  • 社員一人ひとりの環境保全意識及び品質意識とスキルを向上するため、全社を挙げて教育・啓蒙活動を展開します。

ー この環境・品質統合方針は、社内外に公表する ー

2019年3月1日

日通・パナソニック ロジスティクス株式会社

社長 曽我部 敏雄