• TOP
  • インタビュー

積極性で仕事の幅が広がる
醍醐味を味わえます Employee interview

2009年入社

東日本グローバル物流センター
システム物流推進課

入社のきっかけ

人と人の思いをつなぐ仕事で
活躍したいと思いました

高校時代にアルバイトで配送業を経験。荷物に託された人々の気持ちに触れ、物流で社会貢献したいと思いました。現在は国内での入庫から配送まで一環し、円滑なシステムの運用を管理。お客さまと商品をとりまく取り巻く環境を物流の視点でよりよいものにするため、課題発見や改善にも取り組み、さらなる満足度につなげます。

CAREER STEP

  1. STEP
    01
    2009.7~2014.3

    入社後、初めてお客さまの担当窓口として着任

    これまでの業務工程を見直し、無駄を見つけて省くことで作業効率の向上に成功しました。着任時は1社だった担当窓口も、3年後には3社に増え、業務の範囲を拡大できました。また、着任2年目には新規案件の開始準備や立上げを経験させてもらえました。

  2. STEP
    02
    2014.4~2017.2

    企画部門に着任。引き続き、従業員が働きやすい環境づくりに従事

    お客さまの担当窓口を離れ、全体のデータ分析や改善を促進するポジションへ。新規案件の開始準備や立上げを実施し、業務や現場、配送などの日常運用や収支の見届け、改善を推進しました。また、従業員が働きたいと思える環境づくりにも継続的に取り組みました。

  3. STEP
    03
    2017.3~

    他社との折衝でさらなる改善を図る

    システムの運用や収支のさらなる改善を図り、当社だけでは改善できない運用、収支においてはお客さまとの折衝を推進しました。また、並行して新規案件の開始準備、立上げも実施しました。

1日のタイムスケジュール

  • 8:00 出勤 メールチェック
  • 10:00 問い合わせ対応
  • 11:00 データ分析、資料作成
  • 12:00 昼休み
  • 13:00 データ分析、資料作成
  • 15:00 出庫内容の確認
  • 16:00 配送手配状況の確認
  • 17:00 作業進捗状況の確認
  • 18:00 退勤

大切なのは人間力

メッセージは発信する人物の人柄に大きく左右されるということ

「あなたのためなら協力したい、と言ってくれる自分のファンを増やしなさい」。これが上司からの一番印象的なアドバイスです。利害に関係なく、率先して行動できるようになったのは、この言葉があったから。協力してくれる仲間が増えるにつれ、仕事へのモチベーションも高まり、共に味わう達成感が大きなやりがいになっています。入社3年目から新規案件の折衝や立ち上げなど裁量の大きな業務を任せてもらえたのも、自発的な行動の積み重ねがあったからだと自負しています。

当社の社風

困難も失敗も乗り越えてきたチームワークが
魅力の一つ

当社には途中で諦めず、全員でやり遂げるという社風があります。繁忙期や新規案件の準備、立ち上げで期限が差し迫っても、チーム一丸となって助け合い、仕事が楽しめています。過去にミスをしてしまったときは、周囲からのサポートのおかげで、心身共に支えになりました。辛いとき、悲しいとき、悩めるとき、どんな場面に直面しても全員で一体感を持ち、解決に努めることで成長が望める環境です。

エントリー

この度は、日通・パナソニック ロジスティクス株式会社に興味を持っていただき誠にありがとうございます。お会いできることを心から楽しみにしております。

募集要項 エントリーはこちら