エレクトロニクス物流のイノベーションを創造し社会の発展と人々の幸せに貢献する

現場作業の見える化により、作業効率と品質を向上WMS(倉庫内作業管理システム)

倉庫内現場のマネジメントを改革するロジスティクスインフラで、入荷~在庫管理~出荷までの作業進捗をトータルコントロールします。

日々倉庫現場で行われるひとつひとつの荷役・保管作業をデータで把握し、効率的な運用管理に役立てるための、情報システムインフラです。
車載端末やハンディターミナルなど、情報システム化された仕組みで共有データのマルチユース、ペーパーレスによる省資源・省力化、快適な作業環境の整備で、ロジスティクス品質を保ちます。

特 徴
生産性・品質向上をはかり、ローコストな保管・荷役体質へ転換。
  • 日々のマネジメント実践を実現し、継続的な生産性向上をはかります。
  • 過去の作業運営実態を正確に把握・評価でき、改善のポイントが分かります。
  • 目検でなくデジタル検品を行うことで、チェック精度が高まり、品質が向上します。
  • 人の記憶と熟練の世界から、誰もが作業可能でローコストな荷役体質へ転換できます。